里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

初夏から梅雨へ

オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,快食,快便,快眠,梅雨真っ只中でも元気です。

 

初夏,,,新緑の緑が美しい,青い空が美しい,大地の生命感が美しい,心地よい爽やかな風が美しい,,,萩原朔太郎も書いています,5月の朝の新緑と薫風は私の生活を貴族にする,,,と。

 

f:id:MilkyWay77:20210523102610j:plain

田植えも終わり田んぼの水鏡に映る山が美しい。田んぼのあぜ道が大好きな小春にお似合いの背景です。

 

f:id:MilkyWay77:20210527073430j:plain

みの虫と小春のツーショット。毎日,お庭での一人運動会が開催されます。

 

f:id:MilkyWay77:20210516102723j:plain

麦畑が爽やかな風と友達になりサラサラ〜サラサラーと美しい音楽を奏でます。しばらく小春と聴き入ってしまいました。

 

f:id:MilkyWay77:20210620170134j:plain

シロツメクサにごあいさつ。

 

f:id:MilkyWay77:20210620164642j:plain

そして,アジサイにもごあいさつ。

 

奥久慈の里山は若葉の香りを翼にして吹く薫風に覆われ一年で一番過ごしやすい心地良い季節を迎え,そして梅雨に入りました。夏はすぐそこまで来ています。

 

f:id:MilkyWay77:20210504091502j:plain

 最近は人間どもが出かけようとすると,靴を強奪して,それを阻止しようとします。この顔にやられて出かけることを取りやめること数回,,,!

いっしょに連れて行きますから靴を返してくださいね。