読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

ツァラトゥストラ

ニーチェツァラトゥストラ』読み終わりました。

 

20代の頃,ニーチェバタイユシオランなど哲学関係の本を幾つか買いあさり,真理が分かると思って読んではみましたが,どうにもつまらなく(多分難しく),読み終えていないままに本棚にほったらかしにしてありました。その中の一冊であるツァラトゥストラを一気に読了です。あ〜疲れた。

 

昨年の暮れ頃であったか,いつも行く本屋に自己啓発関係本のコーナーがあり,その中にニーチェの本がありました。結構売れていました。今,前向きに生きるためにニーチェの本を手にする人が増えているそうです。

 

「神の死」「超人」「永遠回帰」など,途中で飽きてしまうような物語形式の内容から浮かび上がるニーチェの思想や言葉を,現代の生活にどのように生かしていけばいいのか。今回,中途半端だったものを何十年ぶりかになんとか読み終えてみて,その糸口が少し掴めたように感じました。

 

一言で言うならば,結局生きていくためには自分自信で価値を作り上げていかなければならないということを言っているのかな。当たり前のことですが,人間誰しも固定された観念や心理に束縛される部分があり,それによって自分自信を見失ってしまうことがあります。

 

人類の発展が頭打ちになりつつあるこの成熟した社会で,何を目標にすればいいのか,どの方向に向かって突き進んでいけばいいのか,目標や生きる意味を見出せず未だに自分探しの最中のような大人がいっぱいいる暗澹たる世の中です。こんな閉塞感に覆われた元気のない世の中だからこそ,ニーチェの言葉や思想を参考にして,自分にとって価値のある生き方を見失わないようにしていけたらと思います。

 

しかし,この「ツァラトゥストラ」,のんびりスローライフを満喫することを生きがいとしている私にとっては,あまり必要な本ではないかもしれません。読んでて疲れますし,,,

 

さて,オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,快食,快便,快眠,元気すぎて1日2回の散歩にも満足せず,体力を持て余し,毎晩人間どもに戦いを挑んできます。おかげで服に穴が開くこと数知れず,困ったものです。

 

f:id:MilkyWay77:20170415203019j:plain

テレビが大好き。ルパンと次元が走るシーンでは,興奮してわんわん吠えて画面にアタック。液晶が割れないか心配です。

 

f:id:MilkyWay77:20170417183507j:plain

精米の様子が気になる模様。何事にも興味があり,どこでもついてきます。

 

f:id:MilkyWay77:20170421172005j:plain

ソメイヨシノは散りましたが,この白い桜?かな。まだ咲いています。

 

ツァラトゥストラ (中公文庫)

ツァラトゥストラ (中公文庫)

 

桜2017

桜が咲きました。日本が一年で一番美しい季節の到来です。

 

f:id:MilkyWay77:20170416124017j:plain

うたかたの美しさ。ずっと見ていたいです。

 

f:id:MilkyWay77:20170409180838j:plain

 いつもの散歩コースである堤防の桜祭り。

 

f:id:MilkyWay77:20170409181808j:plain

夕方から夜にかけてライトアップされます。

 

f:id:MilkyWay77:20170416103015j:plain

満開からあっという間に散り始めます。

 

f:id:MilkyWay77:20170416103726j:plain

その儚い美しさに情を煽られます。

 

f:id:MilkyWay77:20170416104358j:plain

果たしてこのお方は桜の美しさを感じとることができたのでしょうか。

 

花見のほとんどの時間は,蝶々を追いかけることに夢中だったような,,,

那須にて

 オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,元気過ぎて,先日,サランラップで包んだサンドウィッチをラップごと食べてしまいました。いつもは届かない高さであるはずの電子レンジの上にサンドウィッチを置いたのですが,よっぽど食べたかったらしく,勢いよくジャンプしたら届いてしまったようです。すぐに取り上げようと追いかけましたが,時すでに遅し。サンドウィッチは一瞬で小春さんの胃袋の中へ。ラップが結構な大きさであり,腸閉塞等を引き起こす心配があったので,すぐに病院へ。

 

サランラップを全部無事に吐き戻すことができたので一安心。完全に人間の不注意です。異物誤食や誤飲には最大限の注意を払っていきたいものです。

 

小春さん,ごめんなさい。吐く時に苦しい思いをさせてしまった罪滅ぼしに,那須へお泊まりに連れて行ってあげましょう!(強引につなぐストーリー)

 

f:id:MilkyWay77:20170407163231j:plain

イマジンドッグスに到着。2回目のお泊まりです。

 

f:id:MilkyWay77:20170407165800j:plain

f:id:MilkyWay77:20170407165623j:plain

早速,今夜泊まるワンコ達と遊びます。

 

f:id:MilkyWay77:20170407170126j:plain

看板犬のグレートデーンとごあいさつ。大人しくてとても優しいグレートデーンです。しかし小春さん,なぜか自分の4倍もあるグレートデーンにだけは吠えたり手向かったりと果敢に挑みます。

 

f:id:MilkyWay77:20170407164545j:plain

他のワンコが室内に移動する中,小春さんだけはまだ遊び足らないようで,ドッグランで一人運動会。

 

f:id:MilkyWay77:20170407175811j:plain

f:id:MilkyWay77:20170408092207j:plain

室内探検です。前回泊まった記憶があるのか,自分で部屋に戻ってくるなどフロアのレイアウトをなんとなく覚えているようです。

 


宿の2階を探検するオーストラリアンラブラドゥードル

 

f:id:MilkyWay77:20170407190546j:plain

ディナーは,ワンコ用ビーフ100%テリーヌ&野菜のポトフ。お利口に待ってます。

 

f:id:MilkyWay77:20170408101917j:plain

朝散歩,誰もいないペニーレインにて。

 

f:id:MilkyWay77:20170408105755j:plain

ドッグカフェ&ガーデン”ラリュール”のドッグランで木をつきやぶります?!

 


那須のドッグランにて

 

f:id:MilkyWay77:20170408215624j:plain

帰宅後,へそ天開脚で爆睡。

 

小春さん,たくさん遊びましたね。たくさん美味しいものを食べましたね。色々な出来事からたくさん刺激を受けましたね。人間どもは,楽しそうにしているあなたを見て幸せホルモンをたくさん分泌することができました。また来ましょうね。その代わりと言ってはなんですが,今後はサランラップで包んだものを食べることなどなきよう,くれぐれもお願いいたします。

竜馬がゆく

amazonを見てると,格安の司馬遼太郎全集が目に飛び込んできました。1〜7巻までを思わずポチッと。

 

f:id:MilkyWay77:20170326204712j:plain

自宅に届いたものがこれです。ボロボロですが,この1〜7巻は既読であり本棚に飾っておくだけなので問題ありません。

 

竜馬がゆく』は高校生の時に読みました。この小説がきっかけで歴史に興味をもつようになり,司馬遼太郎の小説が好きになり,坂本龍馬が好きになりました。また,自分の生き方や考え方に大きな影響を与えた本と言っても過言ではありません。『竜馬がゆく』は、自分にとって「人生の一冊」といったところでしょうか。

 

本棚に飾っておくだけでしたが,ちょっぴり気になり「竜馬がゆく」の冒頭ページをめくったのがいけなかった。あっという間に引き込まれ,毎晩恒例の布団に入ってから約30分の読書タイムは幕末にタイムスリップ。布団の中は夢の世界。竜馬のすぐそばに自分がいて,竜馬の生き様を間近で眺め,竜馬の鼓動や体温を感じ取り,竜馬の発する言葉に諭され,必死に応援し,挙げ句の果てには大変恐縮ですが竜馬と共に維新回天の大事業に参加する自分になっていました。

 

小説ですから司馬遼太郎演出「坂本龍馬」です。現代の龍馬像を作った小説。司馬遼太郎は実存した坂本龍馬と区別するべく竜馬という表記を使ったようです。とにかく読んでいて楽しい。また,名言や格言の宝庫。司馬さんの言葉ですが。

 

この小説の「竜馬」のような夢を追いかける人生を歩んでみたかったのですが,アラフィフの今となっては夢物語。堕落したスローライフが自分には合っていることが判明してしまった以上,その道を極めたいと思います。

 

今,この歳で再読してみて,改めてこの作品の素晴らしさに触れることができました。そこには,あまりにも鮮やかにロマンティックに竜馬の生き様がある。人の魂を揺さぶり心を感動させるドラマがある。

 

ゆけゆけ竜馬,ドンとゆけ。

 

オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,快食,快眠,快便,人間同様,桜の開花が待ち遠しいようです。

 

f:id:MilkyWay77:20170326115601j:plain

開花まであと1週間程でしょうか。一緒に桜並木を散歩するのが楽しみです。

 

f:id:MilkyWay77:20170325120553j:plain

野の草花も徐々に色付き,田んぼのあぜ道が賑やかになってきました。

 

f:id:MilkyWay77:20170326115740j:plain

散歩の度に小春さんが生み落とす天然の肥料のおかげ?で,水仙が元気に開花しました。(うんちは拾っていますよ)

1周年記念植樹

ちょうど1年前の今日,オーストラリアンラブラドゥードルの小春さんが我が家にやってきました。

 

f:id:MilkyWay77:20160320142410j:plain

ひめはるの里のみんな,さよならです。

 

f:id:MilkyWay77:20160320142416j:plain

ちょっと不安そうな小さい小春さん。どこからともなく現れた見知らぬ人間に突然拉致され,わけのわからない茨城の田舎に連れてこられてしまいました。

 

あの時は突然のことでごめんなさい。びっくりしたでしょう。不安だったでしょう。車の中でクンクン鳴いていましたね。だけどすぐに爆睡してしまったあなたを見て,人間どもは安心しましたよ,,,

 

あれから1年,あっという間でした。

 

さて,我が家に来て1年ということで庭に木を植えました。ちょうど,庭の木々も元気が無くなってきたところだったので良いタイミングです。

 

f:id:MilkyWay77:20170320123024j:plain

平和の象徴オリーブ

 

f:id:MilkyWay77:20170320123048j:plain

台風で倒れてしまったゴールドクレストに再度挑戦。花言葉は「真っ直ぐに生きる」。

 

f:id:MilkyWay77:20170320123005j:plain

白樺の木。ログハウスに似合いそう。花言葉は「忍耐強さ」。

 

f:id:MilkyWay77:20170320123329j:plain

f:id:MilkyWay77:20170320123357j:plain

植樹の様子をデッキから眺めていましたね。

 

庭の木々も小春さんも,いつも平和で楽しく,真っ直ぐな気持ちで,困難を忍耐強く乗り越えて,大きく大きくなーれ。

 

 

ドッグランひぬま

オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,ドッグランでは走って走って走りまくります。周りのワンコも小春さんの爆走につられて,サーキット場さながらあっという間に大レースに。

 

f:id:MilkyWay77:20170319122153j:plain

スロットル全開,直線番長です。

 

f:id:MilkyWay77:20170319122422j:plain

左コーナー,ちょっとアンダーステアぎみ。

 

f:id:MilkyWay77:20170319122508j:plain

右コーナーはドリフトで駆け抜けます。

 

f:id:MilkyWay77:20170319122629j:plain

走り出して約1分,すでに横ベロ状態。ピットインして燃料補給が必要です。

 

f:id:MilkyWay77:20170319123652j:plain

イリアムズジャックラッセルのスリップストリームに入りました。オーバーテイクボタンをプッシュ。

 

f:id:MilkyWay77:20170319132011j:plain

第2戦,雑草サーキット。

 

f:id:MilkyWay77:20170319132553j:plain

マクラーレンコーギーと仲良くフォーメーションラップ

 

f:id:MilkyWay77:20170319133800j:plain

全開からブレーキング勝負だ,,,

 

小春さん,元気で結構ですが,もう少し落ちついて悠々と遊ぶことはできないものでしょうか。ドッグランはサーキットではありません。

 

この落ち着きのなさ,どうやら飼い主に似てしまったようです。

 

f:id:MilkyWay77:20170319183223j:plain

フェラーリ小春号,ガス欠で休憩に入ります!

小谷流の里

良い天気で,なんの予定もない嬉しい休日です。オーストラリアンラブラドゥードルの小春さんを連れて小谷流の里に行ってきました。

 

f:id:MilkyWay77:20170225155741j:plain

シトロエンDS3を走らせること2時間。常磐道圏央道東関東道と乗り継いで到着。圏央道走行中に車中から見える牛久の大仏を見て,小春さん大興奮。大仏を大魔神巨神兵と思ったのか,大仏めがけて何回も吠えていました。圏央道ができて成田,八街,茂原方面へのアクセスが大変便利になりましたね。

 

f:id:MilkyWay77:20170225122736j:plain

受付を済ませ,早速ドッグランへ。

 

f:id:MilkyWay77:20170225122655j:plain

黒ラブ2匹めがけて走り出しました。

 

f:id:MilkyWay77:20170225121525j:plain

追いかけたり追いかけられたり,とても楽しそう。

 

f:id:MilkyWay77:20170225123541j:plain

桜庵でお昼です。

 

f:id:MilkyWay77:20170225130528j:plain

f:id:MilkyWay77:20170225134533j:plain

天ぷらとスイーツ,調子に乗って血糖値上昇フルコースを食べてしまい,胃がもたれました。反省です。

 

f:id:MilkyWay77:20170225130257j:plain

人間が食べている間,落ち着いて待つことができましたね。

 

f:id:MilkyWay77:20170225141752j:plain

四季の花径を散策後,ドッグラン午後の部開始。たくさんのALさんに遊んでもらいました。ミディアムのルーちゃんと追いかけっこ。ルーちゃん,小春と同じミディアムですが大きいですね。小春が小さいのかな。

 

f:id:MilkyWay77:20170225141903j:plain

スタンダードのまっくくん,スタンダードのダブくん,ミディアムのルーちゃん。小春は一番小さく落ち着きもなく,画像もぼやけています。

 

f:id:MilkyWay77:20170225141753j:plain

ルーちゃんと小春とスタンダードのぐーくん。

 

f:id:MilkyWay77:20170225143215j:plain

ゴールデンと追いかけっこ。

 

f:id:MilkyWay77:20170225143304j:plain

電車のように連結しそうな,小春,ぐーくん,まっくくん。

 

ルーちゃん,まっくくん,ダブくん,ぐーくん,そして飼い主様,小春と遊んでくれてありがとうございます。

 

 

小春さん,ドッグランではもう少し落ち着いて遊べるようになるといいですね。