里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

W杯雑感とサマーカット

6月中の梅雨明けです。

 

昨年は8月まで梅雨明けがずれ込んだので,その分早く明けたのでしょうか。一気に真夏になりました。

 

W杯雑感,,,

以前ほど見たいと思う大会ではなかったのですが,いざ始まったらやっぱり見てしまうんですね。それがW杯なんです。

 

1勝1分2敗,これが今の日本の実力です。1勝のコロンビア戦,相手は10人しかいませんでした。FIFAランキング,意外と正しいのですね。FIFAランキング通りの実力でした。大会前は3戦全敗確実と思っていましたけど、、、

 

予選リーグ1戦目のコロンビア戦,開始3分,大迫がキーパーと1対1,シュートを放つも防がれ,そのこぼれ球を香川がシュート,相手DFの腕に当たりPK獲得,それを香川が冷静に決める。今回のW杯は,この場面に全てが凝縮されていたと言っても過言ではありません。この開始3分の顛末で日本代表は一挙に勢いと運を引き寄せ,その後波に乗った戦いを演じました。

 

大迫がキーパーと1対1をわざと外す,そのこぼれ球を香川がわざとゴールせずに相手DFの腕に当てる,相手選手の退場とPKによる得点を同時に得る,,,という一石二鳥の離れ業を意図してやったのだとしたら,この二人,かなりの曲者,大したものです。そんなわけないか,,,シュートが下手なだけ。

 

ポーランド戦,予選敗退もあり得ましたが,スタメン6人を入れ替えるなど賭けに出たのかな,明らかに決勝トーナメントを意識した選手起用でした。結果,フェアプレーポインとの差で2位に滑り込み賭けに成功。残り10分,コロンビアが先制したことでセネガルが前がかりになり攻撃が空回り,かなり焦っている,このままコロンビアが逃げ切るだろうと判断したのか,負けているにも関わらずボール回しに徹する。賛否ありましたが,目標は予選通過,確率の問題です。数学的に大正解な西野采配にあっぱれ。

 

ベルギー戦,ドーハの悲劇以来のロスタイムの悲劇,日本サッカーは激闘の歴史から何を学んできたのだろうか。本田はフリーキックを蹴らずにキープでもよかった,本田ではなく高さに強い植田やスピードがある武藤を投入して逃げ切りを図り延長戦に突入すれば勝機はあったか、、、全て結果論。とても残念だが,これが実力。有効な控え選手の駒不足感は否めません。日本サッカー史に輝く敗退劇と言っては失礼ですが,その歴史に立ち会えた嬉しさが敗退した悔しさを上回りました。

 

生ぬるいJリーグではダメ(見てるけど)。ヨーロッパ主要リーグ上位チームのレギュラークラスが23人揃ったときがベスト8になれる時。良い監督と運も必要。ますますサッカーがおもしろいぞ!

 

東京オリンピックのサッカーでは金メダルだ,がんばれ日本! がんばれ鹿島アントラーズ(関係ない)!

 

 

オーストラリアンラブラドゥードル の小春さん,暑いのでサマーカットにしました。

 

f:id:MilkyWay77:20180625193924j:plain

かかりつけの美容室,カットのたびにバンダナをプレゼントしてくれます。

 

f:id:MilkyWay77:20180630225832j:plain

トイレの前の床が冷たくて気持ちいい!

 

f:id:MilkyWay77:20180627181300j:plain

f:id:MilkyWay77:20180627181533j:plain

田んぼの見回り,毛が短くなったので足に雑草などがつかなくなりました。ブラッシングが楽です。

 

f:id:MilkyWay77:20180701184720j:plain

車のお掃除,車内で見学です。手伝ってくれると嬉しいのですが,,,

 

f:id:MilkyWay77:20180630152526j:plain

MacoBook Proがダメになってしまい,iMacに買い換えました。サクサク動いて快適。もう何代目のMacでしょうか,忘れてしまいました。僕は決してAppleの回し者ではありません。

 

f:id:MilkyWay77:20180628230537j:plain

小春さん至福のひととき,,,寝床を占領され,人間どもはあいかわらず寝不足です。

 

連日の30度越え,冷たいビールとアイスコーヒーで心の栄養を補給しながら暑い夏を乗り切っていきたいと思います。

最近読んだ本

仕事に忙殺され,最近は読書量がぐんと減りました。

 

遅くに帰宅。夜ご飯食べて,小春さんと遊んで,風呂入って,布団に入って,本を広げると,約1分で撃沈。あっという間に夢の中です。

 

新田次郎孤高の人

山の物語でもあり,人の物語でもあり,悲劇の物語でもあります。20年ぶりの再読ですが,何回読んでも感動の嵐。単独行の加藤文太郎,君の生き様に惚れました。新田次郎の最高傑作,山岳小説の最高傑作です。読み終わったら槍ヶ岳に行こう,,,無理。

 

司馬遼太郎国盗り物語 斎藤道三編 織田信長編』

権謀術数,,,この言葉の意味を知りたければ国盗り物語を読むことをお勧めします。国盗りが完成するまでの数々の謀略,策略の類。一介の浪人である蝮の道三が美濃一国を盗るまでのストーリーが痛快そのもの。明智光秀というフィルターを通した信長像,光秀の心理描写が実におもしろい。これまた25年ぶりに再読しました。司馬遼太郎の本の中でも5本の指に入る名著。人間の心理や歴史からどのように学ぶべきか,などを記した名言が文中に散りばめられています。

 

坂口安吾戦争論』『教祖の文学』『太宰治情死考』

安吾の著書を読んでいると,安吾は作家というよりは思想家,哲学者であると感じることが多々あります。安吾自ら自由人であるとした精神,戦争をまたいで書いた日本人の欺瞞を鋭く暴く言説,今まさに安吾が必要とされているのではないかと思ってしまいます。なんとなく自分の性に合っているような。いわゆる文豪ではないが,不思議な人間的魅力に溢れている作家です。

 

 

オーストラリアンラブラドゥードル の小春さん,梅雨の湿気に負けずとても元気。

f:id:MilkyWay77:20180618181738j:plain

近所の親水公園の紫陽花園

 

f:id:MilkyWay77:20180623174417j:plain

ノミダニ・フェラリアの薬をもらいに病院へ。ついでに耳の中も見てもらいました。車内で緊張しながら診察順番を待ちます。

 

f:id:MilkyWay77:20180624175359j:plain

田んぼの苗もぐんぐん成長しています。

 

f:id:MilkyWay77:20180624175513j:plain

水路の壁面に映る小春さん。

 

7月になったらサマーカットにしましょう。

 

オーナーズパーティー

ひめはるの里でのオーナーズパーティーに参加してきました。これで2回目です。

 

f:id:MilkyWay77:20180617132039j:plain

梅雨の真っ最中ですが,晴れて湿度も低く,絶好のパーティー日和に。

 

 

f:id:MilkyWay77:20180617145337j:plain

f:id:MilkyWay77:20180617141810j:plain

f:id:MilkyWay77:20180617160218j:plain

たくさんのALと触れ合うことができました。30M競争ではスタートダッシュに失敗,惜しくも予選敗退です。

 

たくさんのオーナー様と情報交換させていただき,たいへん勉強になりました。みなさん,ALを家族の一員としてとても可愛がり,大切に育てています。ますますALの輪が広がっているようですね。

 

f:id:MilkyWay77:20180617123915j:plain

小春さん,楽しんでいただけたでしょうか。秋には,また参加しましょうね。

 

お願いですが,移動中の車内ではぜひ落ち着いていただければと思います。

プロコフィエフ

2018年6月3日(日)14:00〜 日立シビックセンター音楽ホール

 

日立交響楽団 第125回定期演奏会(指揮:相良 浩)

 

曲目 J・シュトラウス2世:喜歌劇「こうもり」より 序曲

 

   プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番

   (ピアノ:長瀬賢弘)

 

   ブラームス交響曲第1番ハ短調 作品68

 

f:id:MilkyWay77:20180603122745j:plain

 

スカルラッティやバッハなど,聴いてて音が自然に体に染み入ってくるというか,バロック音楽のような幾何学的な美の調和の世界が好きで,情を煽るロマン派なども聴きますが,あまり積極的ではありません。そんなものですから,ましてや近代音楽のプロコフィエフにはあまり馴染みがありませんでした。ピアノコンチェルトの3番はよく聴きましたが。

 

今回,プロコフィエフのピアノコンチェルト2番に深く関わり,プロコフィエフに対する受け止めが大きく方向転換するきっかけとなりました。

 

ソリストの長瀬さんは東京芸術大学モスクワ音楽院で学んだピアニストでプロコフィエフの研究家でもあります。以前,震災の時に日立市いわき市で,チャイコフスキーのピアノコンチェルトで2回共演したことがあります。今はプロコフィエフの全曲演奏に取り組んいるとのことでした。

 

その長瀬さんと定期演奏会終了後のレセプションでお話しする機会があり,プロコフィエフについての興味深いお話をたくさん聞くことができました。

 

ピアノコンチェルト2番は彼が学生時代に書いた作品です。学生時代は反骨精神旺盛で,学校の古臭いしきたりに真正面からぶつかっていくような性格だったようで,初期作品は,そういう彼の性格が反映されているものが多いとのことでした。

 

初演の時は評価が真っ二つに別れたそうです。保守的な人は「あんなの音楽じゃない」,前衛的な人からは絶賛されたとのこと。

 

斬新な響きが多いが構造は古典的でそんなに突付きにくくはないとのこと(最初は難しかったが)。プロコフィエフの音楽は,なんかわかんないときは黙って10回聴くと逆に頭から離れなくなる中毒性があるようです。

 

1楽章はソナタ形式。深い叙情をたたえた第1テーマ,リズム感と皮肉が同居した第2テーマ。二つの主題が素晴らしい。ふつうピアコンでは,カデンツァは長くて数分ですが,この曲は半分以上がカデンツァ,それも超絶技巧。

 

2楽章はスケルツォですがスタイルとしてはトッカータかな。無窮動で動いていく。

ピアノパートは16分音符をオクターブのユニゾンでずっと弾いていきます。技術的にとても難しい。ピアノは一切休みなしで駆け抜ける風のように過ぎていきます。

 

3楽章は重厚で深い味わいの曲。オペラの一場面のようです。晩年にたくさんオペラを書いたプロコフィエフ。場面の描写で重い音を書いている。まるで巨人が歩くような深い深いリズムです。やってることはシンプル。秩序だった重厚さで始まるが,それがだんだん崩壊していく。響きもだんだん崩れていく感じ。人のエゴイズムがむき出しになっている。皮肉とグロテスクさが目立つ楽章です。 

 

4楽章はオーケストラ的にはとても難しいです。ピアノも技術的に超絶技巧。その技術と反骨的な皮肉が同居した素晴らしいテーマが曲中に出てきます。民謡風の旋律も出てきます。曲全体にみなぎるエネルギー,プロコフィエフらしさをこれでもかと豪華に彩った楽章。ピアノも上から下までこれでもかと弾きまくる。オーケストラをも酷使してとって華やかな楽章です。

 

ピアノコンチェルト第2番は間違いなくプロコフィエフの最高傑作のひとつですね。今はあまり生演奏される機会がありませんが,15年後にはいろんなところで演奏されるようになるとのことでした。

 

 

いやー,勉強になりました。また,時代を先取りしてピアノ協奏曲第2番を演奏できたことに感謝です。「こうもり」と「ブラ1」もよかった。

 

 

f:id:MilkyWay77:20180520173703j:plain

オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,快食,快便,快眠,とても元気。相変わらず,飼い主同様,ゆるい生活を送っています。

 

6月のオーナーズパーティーを楽しみにしているようです。

田んぼの風景

田んぼに水が入り,田植えが終わり,水辺の生き物の動きが活発になってきました。

 

f:id:MilkyWay77:20180514175041j:plain

夕方の散歩は,田んぼの見回りです。

 

f:id:MilkyWay77:20180506174531j:plain

水が苦手な小春さんですが,田んぼに近づくことはOKみたいです。

 

f:id:MilkyWay77:20180514175834j:plain

四季折々,移り変わる田んぼの風景ですが,田植えが終わったばかりの風景が一番好きです。青い空,新緑の山々,鳥のさえずりと心地よい風。そして田んぼの水面全体が大きな鏡となる水鏡。周りの景色を見事に映し出します。晩春の自然の美しさや生命の躍動を五感で感じることのできるとてもいい季節ですね。

 

f:id:MilkyWay77:20180506173711j:plain

田んぼのそばにある祠に五穀豊穣をお祈りします。

 

一年でいちばんいい季節。ゆっくりと時が過ぎていってほしいものです。

つくば犬たちの森

気温25度,4月なのに初夏の陽気です。

 

f:id:MilkyWay77:20180429151237j:plain

つくば犬たちの森に行ってきました。ドッグランが広くてきれい。アクセスも良く,最近よく利用しています。

 

小春さん,2歳と4ヶ月,毛がずいぶん退色し,ミルクカフェ色になってきました。

 

f:id:MilkyWay77:20180429152022j:plain

暑くて日陰で休憩。ベロが長い!

 

f:id:MilkyWay77:20180429163052j:plain

f:id:MilkyWay77:20180429163054j:plain

フレブルのおもちちゃんと遊びます。

 

f:id:MilkyWay77:20180429163946j:plain

看板犬!?であるパグのこてつちゃんに気に入られたようで,どこまでも追いかけられていました。

 

小春はドッグランに行くとフレブルやパグなど鼻ぺちゃ系のわんこに気に入られることが多く,よく追いかけられています。体型は全然違うのに,何か相性があるのでしょうか。

 

休憩中,人間どもは,チーズケーキとアイスコーヒーを胃に収めたことは言うまでもありません。

 

 

桜2018

今年は早い。時が経つのが早い。

 

f:id:MilkyWay77:20180324171734j:plain

水戸偕楽園の梅が終わり,

 

f:id:MilkyWay77:20180331123840j:plain

桜が一挙に満開になりました。例年より2週間早い満開です。

 

 

毎年恒例,近所の桜散策。

 

f:id:MilkyWay77:20180331124700j:plain

辰ノ口親水公園。出店も出て大勢の人で賑わっていました。

 

f:id:MilkyWay77:20180401172842j:plain

散歩コースの公園。

 

f:id:MilkyWay77:20180401173108j:plain

ポカポカ陽気の夕方,夕日に映える桜を見ながらの散歩です。

 

f:id:MilkyWay77:20180404180436j:plain

夕方からライトアップですが,,,

 

あっという間に散り始め,6日は暴風が吹き荒れ,明日4月7日桜祭り本番前にほぼ散ってしまいました。夜の花火打ち上げは虚しい空砲に。

 

周りの野山に目を移せば,新緑の芽吹きが少しずつ,,,

さあ,田植えの準備です。