里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

令和元年

時代が変わりました。

 

令和元年,平成31年皇紀2679年,西暦2019年,,,天皇陛下の退位即位など改元に伴う一連の儀式等を目の当たりにして,日本の歴史の重みや奥深さをしみじみと感じました。

 

昭和に生まれたぼくですが,平成で人生の半分以上を過ごし,これから令和という時代に紆余曲折の人生の舞台を移します。改元を二度経験し,三つの時代に生きられるということを考えると,なんとも形容し難い想いが心中に去来します。

 

昭和天皇崩御されて平成に時代が変わる瞬間のことを昨日のことのように覚えています。小渕官房長官が「平成」と書かれたパネルを掲げながら「平成です,,,」と。あれから31年,菅官房長官が「令和」と書かれたパネルを掲げ,「令和です,,,」と。まるで31年前の再現VTRを見ているかのようでした。31年なんて,あっという間です。

 

時代が変わっても特に何か変わるわけでもなく,世の中,淡々と時が過ぎています。しかし,今回の改元に立ち会って,間違いなく新しい時代の風を感じることができました。菅官房長官が「令和」のパネルを掲げた瞬間,自分の心の奥底に,確実に新時代の到来を告げる風が吹き荒れました。

 

漢字2文字が変わっただけで,世の中あとは何一つ変わってないのに。「改元とは,時代が変わるとは,こういうことなのか,,,」と。日本国民全員が気持ちを刷新させたかどうかはわかりませんが,閉塞感漂う行き詰まった日本国の空気がガランと変わったのではないかと思います。

 

新しい時代,新しい天皇陛下,この改元に伴う日本人一人ひとりの思いは,時代の大きなうねりや力となって新たな時代を切り開いていくに違いないと感じています。

 

謹賀令和元年

 

 

f:id:MilkyWay77:20190503224652j:plain

オーストラリアンラブラドゥードル の小春さん,快食,快便,快眠,,,令和になっても何も変わらず,ゆるゆるの生活を送っています。

 

f:id:MilkyWay77:20190502184346j:plain

f:id:MilkyWay77:20190502184347j:plain

f:id:MilkyWay77:20190502183845j:plain

みんなそろってBBQ。ウマウマ争奪戦に夢中です。

 

f:id:MilkyWay77:20190504143232j:plain

fundogsにて。空中浮遊術。最高到達点! 新記録です。

 

f:id:MilkyWay77:20190504161349j:plain

f:id:MilkyWay77:20190504170643j:plain

コティちゃん,サラちゃんに遊んでもらいました。

 

10連休疲れ&ブルーから立ち直れません。どうしよう,,,?

若葉燃ゆ

平成も残りあとわずかになりました。

 

31年間の平成自分史を思い返してみると,ちっぽけな人生でしたがそれなりにいろんなことがあり,とても感慨深いです。まあ,時代は変わっても生き方は同じ。ゆるゆるした人生を謳歌できるよう努力するだけです(努力はしないけど)。

 

運が悪けりゃ死ぬだけさ(俺たちは天使だ! 第1話)

定命(瀬戸内寂聴

生成り行き(立川談志

 

まあこんなところです。人生死ぬまでの暇つぶしみたいなもの。令和時代ものんびりいきましょう。

 

 

晩春にさしかかった奥久慈の里山。野山は生命感にあふれています。

 

f:id:MilkyWay77:20190422120244j:plain

休耕田のたんぽぽ群生

 

f:id:MilkyWay77:20190422121451j:plain

田んぼにも水が入り田植え間近

 

f:id:MilkyWay77:20190426184633j:plain

春の山菜の王様,たらの芽がとれました。うちの方では「タラ坊(タラボー)」と言います。これを食べないと春を迎えた気がしません。

 

f:id:MilkyWay77:20190428104234j:plain

f:id:MilkyWay77:20190428104409j:plain

新緑を見に休場展望台へ。天気も良く,富士山,筑波山,日光連山,那須連山がきれいに見えました。

 

f:id:MilkyWay77:20190428104640j:plain

小春さん,わずか50cmほどの高さですが,足がすくんで微動だにしません。

 

f:id:MilkyWay77:20190428111947j:plain

つつじヶ丘展望台へ。新緑の香り漂う爽やかな風が吹き,仕事で疲れた心身を癒してくれます。

 

f:id:MilkyWay77:20190428112054j:plain

今日は高いところばかりだなぁ,,,とちょっとご不満な様子

 

桜花過ぎ去り若葉燃ゆ,,,新緑の季節は本当に美しい。桜が散った寂しさを霧消してくれる若葉の躍動感。「一年中このままだったらいいのに,,」と思ってしまいます。

 

この日,つつじヶ丘展望台でFMだいごの取材があり,インタビューを受けました。突然のインタビューで、緊張のあまり茨城弁丸出しでしゃべってしまいました。

晴犬雨読

今春は花冷えで桜が長持ち。まだまだ咲いています。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190420122904j:plain

菜の花も元気です。

 

小春地方は至る所で桜と菜の花の共演が見られ,ピンクと黄色の美しいハーモニーを奏でています。

 

f:id:MilkyWay77:20190413155728j:plain

つくば犬たちの森へ

 

f:id:MilkyWay77:20190413145419j:plain

f:id:MilkyWay77:20190413150441j:plain

f:id:MilkyWay77:20190413152238j:plain

広いドッグランが数カ所ありたくさん遊べます。この日,ALちゃんはいませんでした。

 

 

最近読んだ本

 

吉村昭大本営が震えた日』

真珠湾攻撃直前,大東亜戦争開戦前日譚。開戦に関する指令書や機密文書を積んだDC3型旅客機「上海号」が行方不明になる。敵地中国へ不時着可能性が強い。積んであった司令所が敵に漏れれば,国運を賭けた奇襲作戦が水の泡に。敵ばかりでなく味方をも欺く綿密な機密文書奪還計画。スリリングな小説で読んでいて面白い。実話であり小説というよりはドキュメンタリー。吉村文学は題材として取り上げられる視点が興味深くて面白い。

 

藤原正彦『国家と教養』

ずっと前に読んだ『国家の品格』という藤原さんの著書に衝撃を受けた記憶がありますが,その続編のようでした。欧米における教養の歴史と変遷やこれからの日本人が身につけるべき教養について論じられています。著者は数学者で父親はあの「新田次郎」です。教養の大切さについて歴史的事実を紐解きながら分かり易く面白く論じています。これは!という文体に鉛筆で線を引きながら読みたくなるような本です。

 

 

春の陽気の中,ぼんやりと晴耕(犬)雨読。

 

大本営が震えた日 (新潮文庫)

大本営が震えた日 (新潮文庫)

 
国家と教養 (新潮新書)

国家と教養 (新潮新書)

 

 

桜2019

桜が咲きました。平成最後の桜です。

 

f:id:MilkyWay77:20190404181713j:plain

近所の辰ノ口親水公園。毎年4月1日から7日まで桜祭りが開催されます。初日は桜が咲いてませんでしたが,二、三日たってようやく咲き始めました。

 

f:id:MilkyWay77:20190406173323j:plain

6分咲き

 

f:id:MilkyWay77:20190406174644j:plain

4月6日,桜祭りのメインイベントである花火の日です。普段は誰もいない桜堤ですが,たくさんの人出で賑わいました。

 

f:id:MilkyWay77:20190406174451j:plain

歌のお姉さんに興味津々です。

 

f:id:MilkyWay77:20190406175019j:plain

屋台の美味しい匂いに興奮はクライマックス。

 

f:id:MilkyWay77:20190407183427j:plain

小春さん,花火は大の苦手なので一旦家に戻ります。花火終了後,また桜堤へ散歩。

 

f:id:MilkyWay77:20190407183936j:plain

1日に何回ここに来るんだ! とご不満の様子。怒りに満ちて目からレーザービームを発しています。夜桜がきれい。

 

f:id:MilkyWay77:20190406175816j:plain

桜祭り最終日。最終日でも9分咲き。今年は花冷えで桜が長持ちしてるようです。

 

f:id:MilkyWay77:20190411180142j:plain

小春さん,人間どもの花見に懲りずに付き合ってくれてありがとうございます。令和の桜でも,どうぞよろしくお願いいいたします。

 

桜とあなたの写真がとてもきれいでかわいくて人間どもはパチパチ撮りまくって眺めて満足しています。

国営ひたち海浜公園

桜の開花まであとわずか。春本番はすぐそこまで来ています。

 

ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」に行ってきました。

 

f:id:MilkyWay77:20190324135543j:plain

みはらしの丘にて。ネモフィラの時期は大渋滞です。

 

この国営ひたち海浜公園大日本帝国陸軍水戸飛行場跡の広大な敷地に建設が開始され,1991年にオープンしました。自宅から車で40分。わんこにも優しいパークで,わんこのオフ会などもよく行われているようです(ALのオフ会も)。家から近くて,わんこにも優しくて,広大な敷地で,たくさん散歩できて,景色もきれいで,,,なのになぜかご縁がなく今まで1回も行ったことがありませんでした。

 

この日もわんこのしつけ教室みたいな催し物がありました。また,ALのりくくんにも遭遇。(写真が撮れなくて残念,,,)。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190324132547j:plain

海の見える丘にて。阿字ヶ浦海岸が一望できます。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190324161124j:plain

スイセンガーデンにて。

 

約5.5kの外周コースを一周した後,内部をちらほらと見学。小春さん,疲れ知らずで,まだまだ歩く気満々。人間どもがクタクタになってしまいました。

 

お昼はイカ墨焼きそばを食らい,デザートは記念の森レストハウスで濃厚ミルクソフトクリームを食べました。たくさん歩いたご褒美です。(小春はよだれタラタラで見てるだけ,,,)

 

次回,ここでAL県央オフ会を開催できればいいなぁ。

 

f:id:MilkyWay77:20190317120515j:plain

夕方はコニファーブルーアイスの植樹と多肉植物の植え替えをやりました。春のポカポカ陽気で身も心も躍動します。

 

小春さん,海浜公園の園内周遊シーサイドトレインにビビって吠えるのはやめましょう。乗客が不思議そうにあなたのことを見てましたよ。

最近読んだ本

3月になりました。時は淡々と過ぎていきます。

 

ある研究で,読書,音楽視聴,1杯の珈琲,散歩,それぞれのストレス解消効果を心拍数とともに検証したそうです。その結果,読書は68%,音楽視聴は61%,珈琲は54%,散歩は42%,のストレス軽減効果が見られ,読書が最も高いストレス解消効果が得られることがわかったそうです。

 

 

時間がある時は珈琲片手にアナログレコードでフリージャズを聴きながら延々と読書をして小春さんと散歩をする僕はそうとうなストレス効果の恩恵に預かっているはずなんですが,,,日々ストレスが溜まっていく一方であります。あてにならない研究結果ですね。

 

宮本常一『忘れられた日本人』

民俗学者宮本常一が,日本各地を回り,長い時間をかけて人々から話を聞き,その地方の伝統や風習をまとめた著書です。調査時期は戦前から昭和三十年代までですが,まだまだ昔ながらの日本が田舎には濃厚に残っているようでした。実直に働き,思いやりが深く,皆で助け合い,年寄りを大事にし,性に解放的だった,という日本人の原点に触れることができます。日本人としての拠り所を見出し,日本人の芯の部分に強い愛着を感じることができる本です。

 

玄侑宗久『現代語訳般若心経』

わずか262文字のお経に秘められた教え,凝縮された小宇宙。難解なお経であり,数々の解説書が出回っていますが,その中でもこの本はわかりやすく書いてあると思います。文学的にも素晴らしい般若心経。ここに書かれている教えを信じるというのではなく,存在の真実を見抜きなさいと。存在が存在することの意味を説くお経です。再読して学んでいきたい内容の本です。いつかは「お遍路四国八十八か所巡り」をやってみたいなぁ。

 

百田尚樹『日本国紀』

地球に人類が出現して以来,人はさまざま歴史を重ね,現時点ではたまたま国家という括りの中で生活しています。同じ地球人のはずなんですが,地球上から争いが絶えることはありません。人類は平和な世界を目指し,人々は平和な世の中であることを願っているはずなんですが,,,私利私欲の連鎖,人間ほど愚かな生き物はありません。ほんとに困ったものです。一通り日本史を学んだ後に読んでみると日本の歴史に対して多角的な見方ができて面白いと思います。もちろん日本人として日本の素晴らしさや日本人の情緒や形,伝統文化などを尊び大切にしていきたいと思います。読了後に人間とは何者なんだろう,日本人とは何者なんだろう,歴史とはなんなんだろう,と自問自答を繰り返してしまいます。

 

小春さん,食欲旺盛,とても元気。

 

f:id:MilkyWay77:20190302162459j:plain

いきいき茨城ゆめ国体2019の会場の一つである笠松運動公園にて。一周4キロの散歩コースを歩きました。一周では足りないようです。

 

f:id:MilkyWay77:20190309170421j:plain

夕方の散歩もポカポカ陽気。大地から草木の鼓動が聞こえてくるようです。

 

忘れられた日本人 (岩波文庫)

忘れられた日本人 (岩波文庫)

 
現代語訳 般若心経 (ちくま新書 (615))

現代語訳 般若心経 (ちくま新書 (615))

 
日本国紀

日本国紀

 

 

梅まつり

水戸偕楽園の梅まつりが始まりました。ちょっと様子を見に,,,

 

f:id:MilkyWay77:20190224160622j:plain

園内外にたくさんの梅の木があります。開花率は40%ぐらいかと思いますが,,,

 

f:id:MilkyWay77:20190224155933j:plain

f:id:MilkyWay77:20190224155957j:plain

梅のとっても良い香り。香りが香りを呼び,翼を持って園内外を飛び回ります。

 

f:id:MilkyWay77:20190224155016j:plain

小春さんも梅の香りを楽しんでくれたでしょうか? 

いや,美味しいものの香りならば,,,

 

f:id:MilkyWay77:20190222180812j:plain

初春の山菜ふきのとう。自宅の裏庭で採れました。我が家の春の訪れの象徴です。さっそく天ぷらにしてビールとともにいただきました。

 

f:id:MilkyWay77:20190222180729j:plain

3週間毎の美容室。シャンプー&部分カット完了。ちょっとスフィンクスっぽい。

 

f:id:MilkyWay77:20190223164345j:plain

今年の冬は記録的な雨不足でした。久慈川も川幅が狭くなり渇水状態です。下流域では給水制限が検討されているようです。

 

水は万物の命の源,限りある自然。水嫌いの小春,水は大切なものなのですよ(川岸でちょっと腰が引ける小春さん)。