里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

立春

左半身の痛みと思うように動かない辛さで相変わらず鬱になりそうな毎日ですが。

 

令和二年も立春が過ぎました。月日が経つのは早いものです。あっという間に過ぎて行きます。どうにかならないものでしょうか。特に倒れて体が不自由になってからは,1日1日が愛おしくてなりません。

 

f:id:MilkyWay77:20200130143719j:plain

奥久慈の里山も少しずつ春の足音が聞こえてきました。我が家の庭の蝋梅が咲き乱れ,公園の梅の花の蕾が膨らみ始めました。リハビリを兼ねた小春との散歩も気分爽快です。

 

f:id:MilkyWay77:20200209111845j:plain

青い空,青い川の流れ,こんな美しい景色の中での散歩は本当に気持ちよくいつまでも歩いていたい気持ちに駆られます。

 

f:id:MilkyWay77:20200119131827j:plain

久しぶりにdogranにお出かけ。たくさん遊びましたね。またきましょうね。