里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

シトロエンC3

梅雨にも負けず,車を乗りかえました。シトロエンC3です。

 

f:id:MilkyWay77:20190615144017j:plain

DS3に乗って3年。車検間近のタイミングを見計らい,以前から気になっていたC3の商談でシトロエン宇都宮へ。

 

下取り価格など好条件が揃い,即決しました。人生一度っきり,,,の言葉が後押ししたことは言うまでもありません。

 

納車日は大雨です。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616124610j:plain

シトロエンC3。カラーはボディがサーブルでルーフがブランオパール。両サイドのでかすぎるエアバンプ。虫みたいなフロントのデザイン。ヘンです。

 

独創的でヘンなことをやるのがシトロエンという会社の伝統。一時期,シトロエングローバル化の波に飲まれてドイツ車のようになってしまうのかという懸念もありましたが,このC3はシトロエンの伝統を見事に受け継いでいると思います。そのヘンさが妙にカッコいい。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616124623j:plain

小春と同じカフェ色っぽくて気に入りました。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616124528j:plain

タイヤは205/55R16。サスペンションはフロントがマクファーソン・ストラッド,リアがトーションビーム。乗り心地はフラットで凸凹の道でもドタバタ感がありません。伝統の猫足です。そしてフランス車らしい柔らかく衝撃吸収性に優れたシートのおかげで,すこぶる良い乗り心地です。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616124631j:plain

1200cc PURETECH3気筒ターボエンジン,110馬力。FFです。3気筒なのでエンジンの振動がどうかと思いましたが十分に静か。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616125049j:plain

ミッションは日本のアイシンAW製トルコン式6AT(EAT6)。アクセルを踏み込んでいくと2000rpmから2500rpmでどんどんシフトアップしていき,とてもスムーズで必要にして十分な加速です。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616125058j:plain

グローブボックスはDS3と同様に半分しか入りません。ヘンです。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616125228j:plain

オーディオ,空調,車の設定など,このタッチパネル内に集約されています。使い勝手はよくありません。ヘンです。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616124923j:plain

Apple CarPlayにも対応。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616124817j:plain

小春さんの画像を映し出してみました。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616105548j:plain

その小春さん,C3などには目もくれず,相方のカングーが大好きです。

 

数年前のシトロエンのリコールで「走行中にボンネットが開いてしまう恐れがある」といものがありました。ヘンです。シトロエンらしいというか、まるでルパン三世の世界。

 

そんなシトロエンDS3に乗ってきた小春さんも「シトロエンはヘンな車,,,」というイメージを持っているのでしょうか。

 

今度のC3は4ドアで乗り降りが楽だと思います。たくさん乗せてあげますからシトロエンも好きになってくださいね!

 

 

f:id:MilkyWay77:20190616125948j:plain

またまたフランス車2台の生活になりました。小春さんを乗せて,バカンスに,,,美味しいパンを買いに,,,のんびりドライブ。故障は勘弁してね。

 

ヘンなおじさんである僕にはヘンな車のシトロエンがあっているようです。