里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

ふきのとう

寒くて辛かった冬もようやく終わりを告げようとしています。

 

2月,今年の冬ほど人生の中で長く辛く感じた冬はありませんでした。

 

寒くて朝起きるのが辛い,毎日どこかしら体調が悪い,鬱になってしまったのかと思うほどに気分がすぐれない,なにをやっても上手くいかない,,,まさに心身ともにグレー一色という感じです。この寒くて辛い暗黒の世界から永遠に抜け出すことはできないのかと思ってしまうような辛くて長い冬でした。

 

沖縄かどこか南国の暖かいところに移住したいと本気で考えました。冬の寒さが人間の心や体に与える影響は大きいです。

 

 

人間どもが悶々として辛い毎日を送っている中,オーストラリアンラブラドゥードルの小春さんだけは,快食,快便,快眠,とてもとても元気。寒い冬を楽しんでいます。

 

f:id:MilkyWay77:20180211165927j:plain

寒い寒い夕方の散歩。夕日に映える小春さん,寒いぐらいが丁度良い。

 

f:id:MilkyWay77:20180121164416j:plain

散歩から帰ってくると,軽トラの荷台に乗り,野良猫や畑の様子をじっくりと観察します。

 

f:id:MilkyWay77:20180218162946j:plain

散歩友達のエデンくんととても仲良し。エデンくんの姿を見かけると嬉しくて駆け寄っていきます。

 

 

そして,3月。

 

f:id:MilkyWay77:20180224171238j:plain

1日に春一番が吹き荒れ,少し暖かくなってきました。夕方の散歩では周りの景色や空気がちょっぴり温暖色を帯びてきたように感じます。

 

f:id:MilkyWay77:20180303120632j:plain

f:id:MilkyWay77:20180303121310j:plain

あぜ道の土や草がなんとなくほっこりとして見えます。地中に生命の息吹を宿しているようです。春めいてきました。

 

f:id:MilkyWay77:20180303123403j:plain

裏庭に春の訪れを真っ先に告げるふきのとうを発見。

 

f:id:MilkyWay77:20180302185332j:plain

さっそく天ぷらに。

 

f:id:MilkyWay77:20180302190017j:plain

この春の使者「ふきのとう」に小春さんの無病息災をお祈りし,黄金の水とともにありがたくいただきました。心の栄養,充填完了です。さあ,春よ来い!

 

4月になったらタラの芽をとりにいこうと思います。

 

 

f:id:MilkyWay77:20180206213831j:plain

あなたはいつも春のお花畑の中にいるようですね。