読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

ポールマッカートニー

真のレジェンドに会ってきました。

 

f:id:MilkyWay77:20170430164940j:plain

小6の時にビートルズに出会って以来,大好きになり,聴いて聴いて聴きまくりました。ピアノやギターで弾いて弾いて弾きまくりました。LPレコードも全部持ってます。僕の宝物です。

 

f:id:MilkyWay77:20170430185829j:plain

苦しい時や辛い時はいつもビートルズの曲が助けてくれました。今振り返ると,僕は人生をビートルズと共に歩んできたような気がします。

 

ビートルズは憧れの存在であり、心の支えです。

 

f:id:MilkyWay77:20170430202617j:plain

その憧れに憧れたリアルレジェンド,ビートルズの真の伝道師である「ポールマッカートニー」が目の前に。やっと会えました。原曲キーで39曲を魂の熱演! 74歳です。すごいです。かっこいいです。サイコーです。

 

f:id:MilkyWay77:20170430193505j:plain

ポールから眩い光の如く放たれる音楽が,僕のちっぽけな人生を優しく包み込んでくれたような気がして,3曲目ぐらいまでは涙が止まりませんでした。音楽を聴いて泣いたのはこれで3回目です。

 

f:id:MilkyWay77:20170430205732j:plain

東京ドームにはこんなに人が入れるのか,というほどの大観衆。巨人戦など比ではありません。

 

きっと,みなさん,僕と同じように人生の苦楽をビートルズと共に歩んできたに違いありません。そんな人たちが一堂に会し,レジェンドと一緒に音楽を楽しむ光景は感動的でした。

 


Opening〜A Hard Day's Night Paul McCartney 30 April 2017 Tokyo Doom Japan

 

レジェンドポールマッカートニーと共に,数々の名曲と共に,人生の苦楽をビートルズと共に歩んできた多くの人たちと共に,とてもとても贅沢な夢のような時間を過ごせたことに感謝です。

 

 

さて,オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,美容室で部分カットしてもらったら,目がパチクリして,またまた可愛くなりました。

 

f:id:MilkyWay77:20170429124446j:plain

食後の定位置で休憩です。お気に入りの場所です。

 

f:id:MilkyWay77:20170501094552j:plain

冷蔵庫とソファーの間もお気に入り。

 

小春さんはビートルズには全く興味がないようです。ときどきピアノやチェロでビートルズナンバーを弾いてあげるのですが,,,全然聴いてくれません。

 

そうすれば,小春さんとよく行く那須のイマジンドッグスやペニーレインでは,ビートルズの曲がBGM。たくさん聴いているはずなのですが,,,