読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

 義烈千秋 天狗党西へ

読書

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

伊藤潤『義烈千秋 天狗党西へ』読了。

幕末最大の悲劇と言われた幕末水戸藩の歴史,,,天狗党の乱に始まる血で血を洗う大量殺戮の歴史です。この内紛で方向さえ間違わなければ明治維新政府の要職に就けたであろうたくさんの有能な若者が鬼籍に入りました。近所には志士のお墓もあり,郷土の史実ということでたいへん興味をもって読みました。

この本,天狗党を語るときに必ず中心となる若き首領,藤田小四郎や,武田耕雲斎以外のメンバーも丹念に資料を掘り起こして書いてあります。天狗党の乱では有能な現場指揮館だった飯田軍蔵,水戸近郊の小松寺の修験僧で薙刀や鉄棒など複数の武器を自在に操る一騎当千幕末の弁慶と言われた不動院全海,老骨な軍師山国兵部と田丸稲之衛門兄弟などなど,理想と現実とのギャップに苦しんだ等身大の人物として描かれています。そして,興味深いのは悪名高き田中愿蔵について,愿蔵が焼き討ちや強奪など無理な金策に走ったのは,小四郎との政治的な立場が違ったのが原因で,決して悪人ではなかったと描かれているところです。また,愿蔵を裏で操った黒幕についても,,,

悲劇の集団天狗党,,,義でもなんでもなく時代の本流から外れた単なる内ゲバ,歴史的愚行だったのか。それとも,時代と日本の将来にかけた志し高きゆえの悲劇だったのか,,,様々な評価がありますね!