里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

 龍馬史

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

磯田道史『龍馬史』読み終わりました。

磯田さん,最近NHKBS歴史館などテレビでひっぱりだこですね。この磯田先生,9歳のときに土器の収集を始め,中学生で古文書を読み始め江戸時代の社会経済に関心を持った,,,早熟の歴史少年だったようです。

幕末,龍馬は諸藩を往来し,政局の中枢にまで食い込みました。幕末史を語る上では最適の人物です。この本は,龍馬の生涯をたどるうちに,自然と幕末史の体系的な知識が身に付くような書物です。読みやすさは言うに及ばず,磯田先生の資料や手紙を虚心坦懐に読んで現実的に検証する歴史へのアプローチの仕方が大変参考になりました。

特に第三章,龍馬暗殺の黒幕を探るの場面では,推理小説を読んでいるが如くの面白さ。