里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

ピアノ曲から交響曲へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日の定期演奏会,,,

曲目は,
ワーグナーの歌劇「ローエングリン」第1,3幕への前奏曲
モーツァルトのバイオリン協奏曲第5番イ長調
シューマン交響曲第2番


私のイメージでは,シューマンと言えばピアノ曲ですが。

小学生のときに通っていたピアノ教室の先生がいつもシューマンの幻想小曲集(たしか「飛翔」だったような,,,)を弾いていた,,,

そんな私もシューマンの「子どもの情景」を夢中で練習した,,,

ウルトラセブンの最終回,,,
モロボシ.ダンがアンヌ隊員に自分の正体(ウルトラセブンであること)を告げる場面で,シューマンのピアノ協奏曲イ短調が流れた,,,


小さい頃の数々の体験が,私にシューマン=ピアノというイメージを植え付けてしまっていたようです。




交響曲第2番,,,
練習から演奏会までこの曲に携わってきてみて

そんな,シューマン=ピアノというイメージを変えてくれるに十分な,素敵な交響曲でした。
これで,いままでのイメージに少し上書きされたかな!

シューマンは4曲の交響曲を書いたようなので,
これを機に残りの交響曲も聴いてみたいと思います。