里山讃歌

田舎暮らしを綴っています

ルーペ

暖冬でしょうか。

 

寒いんですがそんなに寒くありません。昨年の冬は寒さが辛くて辛くてたまりませんでしたが今年は体が寒さに適応できているようです。

 

視力の衰えが著しくて困っています。眼鏡をかけると遠くはよく見えるのですが50cm以内が完全にぼやけて見えます。眼鏡を外すと遠くは全然見えませんが50cm以内はよく見えます。

 

老眼でしょうか。こんなものを買ってしまいました。

 

f:id:MilkyWay77:20190209141155j:plain

ホームセンターで1000円。老眼ルーペ。

 

本の字が大きく見える!クリアに見える!よく見えることの素晴らしさや大切さを再認識しました。これでしばらく様子を見てみたいと思います。

 

 

さて,オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,寒さが苦手なようで暖い室内でぬくぬくと生活しています。

 

f:id:MilkyWay77:20190202150734j:plain

小春さんの視力はいかがなものでしょうか。一説によるとわんこは視力0.3ほどであると言われていますが。色彩認識力も弱いようです。

 

f:id:MilkyWay77:20190126133802j:plain

週1回ドッグランで元気に遊びます。

 

f:id:MilkyWay77:20190126151524j:plain

ときどきボクシングもやります!?

 

f:id:MilkyWay77:20190202162751j:plain

近所の山羊さんと。

 

小春さんはテレビの画面はもちろんiPadiPhoneの画面に映し出された猫や犬の動画などもよく見てしっかり認識できています。5ミリ以下のうまうまも瞬間的に見付け出し食べてしまいます。実はよく見えてるのかな。

iPhone XR

iPhone6sを使ってますがフル充電しても半日しか持たず,,,の状況がしばらく続いていました。2年ちょっとでダメになるようにできてるのですね!

 

そろそろ替え時かと思いドコモショップへ。4時間ほど待たされました(待ってる間にたくさん本が読めました)。iPhone XRに機種変更。

 

さっそく小春さんをパチリ。

 

f:id:MilkyWay77:20190117204210j:plain

そんなに接近するなよ,,,との迷惑顔。

 

f:id:MilkyWay77:20190118182955j:plain

良い姿勢です。

 

f:id:MilkyWay77:20190128195850j:plain

新種のカメ,カフェ星カメ。

 

昨今の情報化社会,,,通信費がさらに安くなるといいな。通信費と車維持に関する費用が抑えられる政策をお願いします。

袋田の滝

袋田の滝ライトアップ」を見に行ってきました。

 

袋田の滝のライトアップや全凍結?を久しぶりに見たくなりました,,,それは口実で,本当は奥久慈軍鶏のテール串と串団子が食べたかったのです。

 

f:id:MilkyWay77:20190113174813j:plain

車で30分,町営駐車場からお土産通りを歩くこと15分,トンネル入り口に到着。入場料を支払い,光のトンネルを進みます。

 

f:id:MilkyWay77:20190113174647j:plain

f:id:MilkyWay77:20190113174929j:plain

完全凍結はしていませんでしたが見事な氷瀑です。

 

f:id:MilkyWay77:20190113174052j:plain

目からレーザービームを発射か!

 

f:id:MilkyWay77:20190113174557j:plain

滝にはまるっきり興味がないようです。

 

f:id:MilkyWay77:20190113175817j:plain

吊橋を渡り,お目当のお土産店に到着。

 

f:id:MilkyWay77:20190113180031j:plain

あなたの目的も滝よりこっちだったんですね。あなたと同じ思いを共有できたことをとても嬉しく思います。

 

何回も来ている袋田の滝。久しぶりに来ましたが,いつ来ても絶景と美味しい串ものに心癒されます。

平成31年

何もしなくても時は淡々と過ぎていくのです。淡々とした日々が淡々と過ぎていく。人生をつまらなくしているのは自分,変えられるのも自分,,,

 

そんなことを考えてるうちに年が明けてしまいました。

平成31年です。平成最後の年です。

 

12月29日から1月3日までの年末年始休みは,毎年恒例,家でダラダラゴロゴロ三昧。食べ過ぎて正月太り!

 

 

オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,人間どもと違って規則正しい生活を送り,元気にお正月を迎えました。

 

f:id:MilkyWay77:20190101130123j:plain平成31年元旦,奥久慈の里山は抜けるような青空。風もなく穏やかな正月です。

 

 

ゴロゴロダラダラから脱却を,,と思い,小春さんと一緒にビートルズを聴きながら那須ペニーレインまでドライブ。

 

 


Australian Labradoodle play in the snow

ラリュールのドッグランで元気に遊びます。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190103164153j:plainペニーレインへ移動。

 

f:id:MilkyWay77:20190103171514j:plain

f:id:MilkyWay77:20190103165958j:plain予約しておいた個室で夕食です。小春さん,うまうま争奪戦開始。

 

ペニーレインの向かい側にある同系列の「イマジンドッグス」さんが昨年の暮れに閉館になりました。わんこにとてもフレンドリーな宿で,小春と数回泊まりました。室内はノーリードOKで,他の宿泊わんこたちと楽しく触れ合うことができる素敵な宿でした。次回はいつ泊まろうか,,,と考えていただけに,とても残念です。復活を期待したいと思います。

 

 

f:id:MilkyWay77:20190105132532j:plain次の日はひめはるの里へ。

 

f:id:MilkyWay77:20190105125844j:plain

f:id:MilkyWay77:20190105125852j:plain走り回ります。

 

f:id:MilkyWay77:20190105125949j:plain

f:id:MilkyWay77:20190105144524j:plain 走って走って走り回ります。

 

f:id:MilkyWay77:20190105145143j:plainパーティーカラーのまるちゃん

 

f:id:MilkyWay77:20190105151053j:plain長袖ウェアのアルトくん

 

那須からの帰り,ペニーレインの駐車場から見上げた夜空。その夜空に美しく輝く無数の星々。無限に広がる大宇宙。

 

那須という身近な場所から見える無限の世界。無限の世界にあって,自分は,人間は,なんでこんなにも小さくて儚いのか,生きることの価値は,生あるものいずれは無に帰してしまう,,,だとしたら,辛い毎日を生きる必要はないのではないか,,,

 

色即是空,空即是色,,,大宇宙の無限の世界の前で,己の存在の儚さに戸惑う正月でした。

 

小春さん,今年も地球の営みに逆らわず,のんびり行きましょうね!

 

 

最近読んだ本

2018年が暮れようとしています。

 

今年は仕事が大変忙しく,読書に費やす時間をあまりとることができませんでした。ここ数年では一番本を読まなかったような気がします。僕自身,自己形成において読書と音楽から多大な恩恵を受けてきました。今後の人生も読書を核とした好奇心がさらに重要になってくるものと考えています。

 

それにしても読む時間がない。読みたい本を買ったのはいいですが,書斎に山積み状態。これから迎える年末年始休暇では山積みになった本を多いにやっつけていきたいと思います。

 

半藤一利『世界史のなかの昭和史』

久しぶりの半藤さんの本です。氏の名著「昭和史」と重なる部分もありますが,読みやすい語り口は半藤さんならではのものです。スターリンヒトラーを中心に大東亜戦争開戦までを俯瞰しています。今も昔も,確かな情報を確実に得る,ということがいかに大切であるかということをつくづく実感します。その情報を熟慮し,国際的な広い視野にたった決断ができず,破滅に突き進んだ当時の日本の指導者たちの愚かさをまたまた目の当たりにしました。半藤さんの昭和三部作の完結編。面白いです。

 

磯田道史司馬遼太郎で学ぶ日本史』

司馬遼太郎磯田道史というキーワードで思わず買ってしまいました。いつだったか,NHKの100分で名著という番組で,磯田さんが司馬遼太郎の著書について熱く分かりやすく語っていました。本書でも,磯田さんが司馬作品について鋭く語っています。歴史家の視点で読む司馬文学。司馬文学に描かれた日本人の「国民性」がはっきりと見えてきます。

 

吉村昭陸奥爆沈』

真珠湾攻撃時の連合艦隊旗艦であった戦艦「長門」と同型である戦艦「陸奥」。長門型戦艦の2番艦であり,1番艦長門とともに大日本帝国海軍の象徴的な軍艦でした。その陸奥昭和18年6月に柱島泊地において原因不明の爆発を起こし沈没しました。死者1121名という大惨事でした。この陸奥爆沈という作品は,一般の小説形式ではなく,吉村昭自身が陸奥爆沈という対象に向かって模索する過程を描いています。ちょっとドキュメンタリータッチの小説です。どんなに強力な戦艦であっても,そこには人がいて組織があって,感情が作用します。規律正しく,厳粛な海軍でも,そこには必ず綻びが生じます。現代社会の組織にも通ずる事象。巨大組織の栄光維持や保身のための隠蔽体質は今でも変わりません。

 

f:id:MilkyWay77:20181216184606j:plain

オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,誕生日に買ってもらったこのクッションがとても気に入ったようで,常にこのクッションでまったりしています。年末年始はこのクッションを枕がわりに読書したいと思います。

 

世界史のなかの昭和史

世界史のなかの昭和史

 
「司馬?太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)

「司馬?太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)

 
陸奥爆沈 (新潮文庫)

陸奥爆沈 (新潮文庫)

 

西郷どん

NHK大河ドラマ西郷どん」のロケをやった沈下橋がうちの近くにあるというのでちょっと見てきました。

 

f:id:MilkyWay77:20181222152544j:plain

f:id:MilkyWay77:20181222152506j:plain車で約15分,到着です。このような沈下橋が奥久慈の里山地方にはたくさんあるのですが,うちの方では沈下橋と呼ばずに地獄橋と呼んでいます。

 

f:id:MilkyWay77:20181222152453j:plain

橋の近くにこのような看板がありました。

 

f:id:MilkyWay77:20181222152518j:plain

水が澄んでてとてもきれい。この里川,久慈川の支流で,ヤマベ(ハヤ)釣りのメッカであり,上流の方には里美イワナという学術的にも貴重な色彩変異タイプのイワナが生息しています。

 

f:id:MilkyWay77:20181222152515j:plain

橋から下流側です。うなぎをとったり嫁入りをしたりするシーンが思い出されます。

 

f:id:MilkyWay77:20181222152816j:plain

水が大の苦手な小春どん,「なんでこんな橋を渡らなければいけないんだ,,,!」と一目散に退散です。

 

f:id:MilkyWay77:20181222152830j:plain

小春どん,地獄橋から下流を眺めて何を思う,,,夏には川でいっしょに遊びたいんですが,早く水に慣れてくださいね。

 

NHK大河ドラマ真田丸」のときは,うちのすぐ近くの久慈川の河川敷で合戦のシーンを撮影していました。

 

この辺りは,東京から車で1時間ちょっと。それでいて川,山,海,田んぼなど豊かな自然があり,寺社や古民家などの伝統建築もたくさん残っていて,歴史物や時代劇の撮影には適しているのかな。魅力度ランキング6年連続最下位の茨城県なんですけど。

 

NHKさん,そのうち幕末の水戸藩を描いた大河ドラマをお願いします。素材はいくらでもありますよ。そろそろ薩長中心から脱却しましょう。そのときは,ぜひ,茨城北部でロケを。

 

3歳

オーストラリアンラブラドゥードルの小春さん,快食,快便,快眠,,,本日,元気に3歳になりました。

 

f:id:MilkyWay77:20181219190230j:plain

美容院に行ってさっぱり。誕生日ということでトリマーの方からおやつをもらってきました。

 

f:id:MilkyWay77:20181219201245j:plain

なにやらいつもとは違う雰囲気,美味しそうな匂い,ちょっと興奮。

 

f:id:MilkyWay77:20181219190536j:plain

かぼちゃ,りんご,ヨーグルト,チーズ,海苔,ゴマなどを素材としたママお手製の誕生日ケーキが登場。

 

f:id:MilkyWay77:20181219190612j:plain

ケーキはヨダレと共に一瞬で消失!

 

f:id:MilkyWay77:20181219202011j:plain

こちらのケーキは人間どもの胃袋の中へ。血糖値急上昇。

 

早いもので小春を我が家に迎えてあっという間に3年が経ちました。早過ぎる時の営みにちょっと複雑な心境。

 

小春さん,あんまり早く歳をとらないでね。時間よ止まれ!

 

お誕生日おめでとうございます。小春さんが我が家に来てくれたこと,世界で一番感謝しています。これからも1日1日を大切に一緒に楽しく過ごしていきましょう。よろしくお願いします。